2017年7月10日

発売前【電動アシストMTB】パナソニック「XM1」に迫る

※画像はカスタム仕様

2017年9月1日に発売が決定したパナソニックの電動アシストマウンテンバイク「XM1」
すでに海外市場では数年前からe-Bikeカテゴリーは大きな盛り上がりを見せていたが、ここ日本国内においては様々な理由があったにせよ、普及しないどころか販売さえされないといったスポーツ電動アシスト車に不遇ともいえる状況が続いていた。

なぜこの国は電動アシスト自転車発祥の地でありながら、それが普及しないのか?という問にはやれ法規制がとか、やれ国民性がとか、一部の有識者の間で少なからず語られてきたが、結局のところその要因を打破できる手段は見つかっていない。

そんな状況下において明るいニュースとして飛び込んできたのが、今回の「XM1」発表のニュースだった。

※この内容は発売の2ヶ月前に書かれたもので実際とはことなる可能性があります。

2017年5月30日

新型ジェッターを発売前に写真だけ見てMTBに改造する

クロスバイク型の電動アシスト自転車として人気を博していたPanasonicの「ジェッター」だったが数年前からカタログからその姿を消していた。
そのジェッターが2017年の夏に復活するというニュースが入ってきたのだが、なんと仕様が前後ディスクブレーキになっているということで、これまでのただバッテリー容量が大きくなるだけのモデルチェンジとは一味違った走りを見せてくれそうだ。

この手の電動アシスト自転車を好む自転車ファンにとってジェッターは改造ベースとして愛されていたのも有名な話。
今回の発表を受けてさっそく構想を膨らましているコアな電動フリークもいるかもしれない。
こういったものは『誰が一番最初にやるか』も意外と重要なことなので、まだ誰も手出しができない状態でイニシアティブを取りに行くのが今回の作戦だ。

2017年4月19日

新型アルテグラ「R8000」の画像は本物か?

https://tieba.baidu.com/p/5077847277

突如ネット上に登場したシマノ社製の製品名を冠するロードバイクコンポネートの画像。
公開されたのは日本時間で4月18日11時33分、場所は中華人民共和国最大の検索サイトで有名な百度(バイドゥ)のコミュニティ、『百度贴吧(バイドゥティエバ)』のスレッドにおいてだった。

スレッド主によれば、信頼できる情報源でないとしながらも、このコンポネートを暫定モデルの『R8000』としており、それは紛れもなくあのシマノアルテグラの次期モデルを示している。

このスレッドに集う人々も、この謎のコンポネートの正体についての真贋を特定するには至っていないようだが、果たしてこれは本物であるのか、それともiPhoneなどでお馴染みのガセネタなのか、この画像を元の判断していきたいと思う。

2017年3月19日

キャニオン躍進の裏で進む直販ブランド包囲網

先日前、スポーツバイクショップとして日本国内でも有数の実力店「なるしまフレンド」のブログ上に登場した内容に、一部の人間が鋭く反応した。

キャニオン社の自転車修理、持込自転車の修理等に関するご連絡
http://www.nalsimafrend.jp/news_topics/2017/03/post-111.html
株式会社なるしまフレンド

非常に柔らかな言い回しであるが、内容は実に衝撃的だ。

要約すれば、ロードバイクのメンテナンスは重要であり、そのサポート体制が不十分な直販ブランドは責任が持てないため取り扱いを断る。
という内容であるが、特定のブランド、つまり今回のキャニオンのように名指しで拒否されることは過去の事例からしても非常に珍しい。

これまで製品が粗悪で受け入れを敬遠されるという話は、他ブランドや他店のこととして聞いたことがあったが、キャニオンの自転車が品質的に不安視されたという話は一度も聞いたことがない。
それどころか近年のレース界での活躍で露出が増え、ユーザー目線ではコストパフォーマンスに優れたレース機材として高い評価を得ていることがネットの情報を見ても明らかだ。

そのキャニオンがなぜダメなのか?
もっと言ってしまえばなぜキャニオンだけがダメなのか?

サポート体制の整っていないバイクブランドなら他にもいくらでもありそうな気がするが、その矛盾を埋めるようにブログの最後のほうに、お客さまの自転車の状況や該当メーカーのサポート体制を判断うえ作業をお断りする場合がある
と補足されている。

しかしキャニオンだけが実名で狙い撃ちされる理由の説明としては不十分だ。
まさに「なるしまキャニオン事件」である。

2016年4月16日

ICAN 「38Cカーボンホイール」入荷しました

前回フィクションサイクルのインプレコーナーに登場した中国ブランドの「ICAN 50C」の38mmハイト版である「38C」が入荷してきたので報告したい。

ICAN 「38Cカーボンホイール」

ICANは日本国内ではほぼ無名であるものの、前回の50Cの仕上がりの良さもあり、とりあえず一定の信頼は置いていいと判断したため、さらに軽量で使い勝手の良さそうなリム高さ38mmの38Cも取り寄せてみたのだ。

人気のトピックス(全期間)

/*追跡スクロール2*/