2019年2月16日

他人がオーダーしたロードバイクを写真だけ見て勝手にインプレする


『自転車に乗らず「見た目」だけでインプレ記事は書けるのか?』
この内容の記事を書いて早4年が経過。
ふとツイッターのタイムラインを眺めているとスチールのオーダーフレームの完成を報告するオーナーがアップした写真に目が留まった。

大手のマスプロメーカーが市販するロードバイクであればカタログやジオメトリーなどからある程度その素性を推し量ることは容易だ。
しかしこれは世界に1台しか存在しないハンドメイドのオーダーバイク。
もちろんオーナーと直接面識があるわけでもなく、自転車とその乗り手の両方が深い霧に包まれた中、わずかに見えるヒントをつなぎ合わせて試乗インプレッションを行うことは果たして可能なのか?

その難題に挑むべく、今回は前回と同様に自転車インプレッションのスペシャリスト、大石&菊池ペアにご登場いただいた。

2019年2月10日

8kgまで計量可能なキッチンスケールに大柄な自転車パーツを載せる

自転車を趣味とする者として、切っても切れない関係にあるのが「軽量化」と言って過言ではない。
人力だけで走る自転車を一番確実に速くする方法は質量を軽くることであり、多くの自転車フリークが憧れる高級コンポネートもほぼ例外なく軽さが優先されている。

そこには必ず計量という儀式があり、個人が書いている商品インプレッション記事に家庭用の「キッチンスケール」が登場することも珍しくない。

よく台所用品売り場に並んでいるキッチンスケールは1kg~2kg、最大でも3kgまでが多く、それ以上の重量となると高価な工業用スケールか、かなりアバウトな体重計かといった感じで自転車のパーツをちょっと計るには適さない。

そこで今回取り寄せたのは、キッチンスケールながら最大8kgまで1g単位の計測が可能であり、さらにリーズナブルな「Uten」というブランドのデジタルキッチンスケールだ。

2018年6月19日

電池の要らないアシストギア「FREE POWER(フリーパワー)」を使わずに語る

フィクションサイクルの代名詞とも言われるエアインプレ
今回のターゲットはテレビでも放送され話題になっているフリーパワーと呼ばれる特殊な自転車用クランクだ。

2017年7月10日

発売前【電動アシストMTB】パナソニック「XM1」に迫る

※画像はカスタム仕様

2017年9月1日に発売が決定したパナソニックの電動アシストマウンテンバイク「XM1」
すでに海外市場では数年前からe-Bikeカテゴリーは大きな盛り上がりを見せていたが、ここ日本国内においては様々な理由があったにせよ、普及しないどころか販売さえされないといったスポーツ電動アシスト車に不遇ともいえる状況が続いていた。

なぜこの国は電動アシスト自転車発祥の地でありながら、それが普及しないのか?という問にはやれ法規制がとか、やれ国民性がとか、一部の有識者の間で少なからず語られてきたが、結局のところその要因を打破できる手段は見つかっていない。

そんな状況下において明るいニュースとして飛び込んできたのが、今回の「XM1」発表のニュースだった。

※この内容は発売の2ヶ月前に書かれたもので実際とはことなる可能性があります。

2017年5月30日

新型ジェッターを発売前に写真だけ見てMTBに改造する

クロスバイク型の電動アシスト自転車として人気を博していたPanasonicの「ジェッター」だったが数年前からカタログからその姿を消していた。
そのジェッターが2017年の夏に復活するというニュースが入ってきたのだが、なんと仕様が前後ディスクブレーキになっているということで、これまでのただバッテリー容量が大きくなるだけのモデルチェンジとは一味違った走りを見せてくれそうだ。

この手の電動アシスト自転車を好む自転車ファンにとってジェッターは改造ベースとして愛されていたのも有名な話。
今回の発表を受けてさっそく構想を膨らましているコアな電動フリークもいるかもしれない。
こういったものは『誰が一番最初にやるか』も意外と重要なことなので、まだ誰も手出しができない状態でイニシアティブを取りに行くのが今回の作戦だ。

人気のトピックス(全期間)

/*追跡スクロール2*/